イトケンレベルのBGMのあるスマホゲーはないよね

イトケンはロマンシングサガシリーズとかロマンシングサガ・ミンストレルソングで有名なゲームミュージックの作曲家だけど、本当にバトルBGMの完成度が高くて、ロマンシングサガシリーズやロマンシングサガ・ミンストレルソングのファンでなくても、ユーチューブで作業用BGMにしたりする人がいるくらい、人気が高いんです。

ただ、スマートフォンのゲームアプリにはイトケンクラスのBGM担当はちょっと望めないかな。というよりもスマートフォン自体のスピーカーが貧相すぎるから、能力がもったいないというか何というか。もちろん、イヤホンやヘッドホンを装着すれば、グッと音質は高まるし、そういう使い方を勧めるスマートフォンのガジェット通信系ブログもありますよね。

ただそれらは、あとで買い足すものですから、やっぱりちょっと一般ピーポーには敷居が高いんですよね。高音質のイヤホンやヘッドホンは総じて値段が張りますから、なおさらのことです。だから、イトケン、植松伸夫級のゲームミュージック界に誇る重鎮クラスのBGMの持ち味が出しきれないまま、ゲームアプリをクリアするなり、止めることに繋がる人のほうが圧倒的に多い展開は容易に予想できますね。

戦闘というか戦う感じのゲームは音楽ひとつでテンション上がることも多く、そのゲーム性以上のポテンシャルを引き出してくれるから、力を入れたほうが良いのは確かですが、スマートフォンの場合は少し毛色が違うわけなので、塩梅というかなんというかむずかしい面もあるのかもしれないですね。

イトケンといえば、スマホゲーはともかく、ブラウザーゲームにはBGMを新曲リリースしているみたいですね。クォータービューのターン制RPGでタイトルは忘れましたが、少し緩い感じのゲームでした。確かDMM系列のゲームでしたが、DMMは本当にゲームに力を注いでいるので、近い将来、スマホゲーのゲームメーカーの強力なライバルとして登場する可能性もありますね。