スマートフォンのゲームで脳を鍛える

スマートフォンでゲームをするのが好きです。ゲームといっても、RPGやアクションゲームや美少女ゲームではありません。もちろんそれらも少しは嗜みますが、私を夢中にさせているのはむしろ脳トレ系のゲームなのです。

脳トレという言葉を知ったのは、脳科学者の茂木健一郎がきっかけです。脳科学者と自称するわりには、テレビばかりに出演して半ばタレント化している茂木先生ですが、彼がテレビで脳トレを紹介してくれたおかげで、私は脳トレと出会うことができました。

茂木先生によると、脳トレをプレイすることによって脳の老化を防ぐことができるそうです。ゲームばかりしていると馬鹿になるというのが世間的な常識ですから、茂木先生の言説は私にとっては驚きそのものでした。脳トレゲームをすれば、視覚と聴覚を同時に使うことができ、それによって前頭葉が活発化して鍛えられるというのが、茂木先生が脳トレゲームを推奨する理由です。世間的な臆見と脳科学者の意見のどちらを信じるかと言われれば、もちろん後者なわけで、それからというもの私はすっかり脳トレに夢中になってしまいました。

脳トレゲームは確かに効果があるように実感しています。普段は使っていない脳細胞が、脳トレゲームをすると動き出すのが感じられるのです。茂木先生ご自身が監修した「アハ体験」の脳トレーゲムなんかをやっていると、脳が冴え冴えとしてきます。脳トレを始めてからというもの、私の頭は以前よりずっと良くなった気がします。それが勘違いでないのは、TOEICの点数がグンと上がったり、会社で同期に差をつけていることからも明らかです。

茂木健一郎先生のおかげで、私は自分自身の脳を作品と考えるようになりました。芸術作品を創りあげるように、自分自身の脳を創りあげる意志を持つようになったのです。今では何をするにつけても、私はそれが脳に良いかどうかということを真っ先に考えます。そして脳に良いのであれば、多少の犠牲は払っても、それをやることにしています。なぜなら、脳を鍛えれば、その鍛えられた脳を使って、後にもっと大きな仕事をすることが可能になるからです。今では、脳を鍛えることこそが人生をよりよく生きるための秘訣だと私は思っています。そのためにも、スマートフォンの脳トレゲームが今以上に充実することを願ってやみません。