スマートフォンのゲームについて感じる変化

スマートフォンのゲームについて感じる変化は、どんどん家庭用据え置き型ゲームに近くなっているということです。

スマートフォンが出てきたばかりの頃はまだガラケーのゲームを引きずったものでした。
とくに動きのないものが多く、カードや物を集めるゲームや畑を作るような単純なゲームが多かったのを覚えています。
まったく動きのないものも多く、スマートフォンでやらなくても良いのでは?といったゲームが支流でした。
操作方法は非常に簡単で、一つのボタンをクリックしていくだけという単純明快なものが多く、深く考えなくても遊べることからなんとなくで遊んでいたような気がします。

個人的には、この「何も考えなくて良い」のが人気の理由だったんではないかと思います。
移動中やトイレ中、寝る前などに無心でクリックするだけ、頭を空っぽに出来るのでストレス軽減にも役立ったのではないでしょうか。
一部のゲームは奪ったり奪われたりでストレスが溜まった人も多いかもしれませんが。

そこからスマートフォン用のゲームは徐々に変わっていきました。
スマートフォンのゲームについて言えるのは、動きを取り入れることで変化していったということです。
単純なアクションゲーム、リズムゲーム、パズルゲームのようなものが徐々に出始めました。

今までガラケーではやり難かったものがスマートフォンになってやりやすくなり、ここら辺からだんだんスマートフォン用のゲームに変化して行ったように思います。
気軽に出来る、誰でも出来る、どこでも出来るゲームが増えだして一気にスマートフォンでゲームをやるのがブームになりだしたのもこの辺だと思います。
今ではほとんどの人が暇つぶしに電車内でゲームをやるようになりましたね。

スマートフォン用のゲームが流行りだすと当然要求も高くなりだします。
その結果が現在の状態です。
スマートフォンの性能が上がったというのもありますが、スマートフォン初期では考えられないほどのゲームになりました。
グラフィックは美しく、操作も複雑、ボリュームのあるシナリオなど、家庭の据え置き型ゲーム機と比べても遜色のないできのゲームが出始めています。

ほんの数年で激的な変化ですよね。
この先どこまで行くのか、どうなるのか本当に楽しみです。

異常がスマートフォンのゲームについて感じた変化でした。